イベント

ドラッカーのマネジメント哲学の本質に触れるクレアモントへの旅

主催者名

ドラッカー学会

日時

2020年2月26日(水) 〜 2020年3月2日(月)

開催場所

米国 カリフォルニア州 
クレアモント市・パサデナ市 (ロサンゼルス郊外)

Claremont Graduate University

会費

総予算(概算)おおよそ18万円(旅費・宿泊費・食費)+ドラッカースクールへの寄付(任意)

内容

 P.F. ドラッカーが40年以上にわたって教鞭を執り、
著作の半数以上のページを書いたクレアモントの町にドラッカーの足跡を訪ね、
ドラッカーとともにマネジメント研究・マネジメント教育を行ってきた
ドラッカースクールの教授陣との対談を重ねます。


■ 対象:ドラッカー学会会員/Claremont Graduate University 卒業生/EMSフェロー

■ 内容 

●Drucker School 学長との対話

●Drucker House訪問  

●Drucker Institute 訪問  

●Joseph Maciariello 名誉教授との対話
「ドラッカーマネジメント哲学の本質」
(JM: 晩年のドラッカーと共著や教材の制作に取り組み、
ニューヨーク大学-クレアモント大学院大学両方で
ドラッカーと相談しながらマネジメント教育に取り組んできた)



●Jean Lipman-Blumen 名誉教授との対話
(
カーター政権のアドバイザーを歴任後、ドラッカーにリクルートされた、元ドラッカースクール・リーダーシップ論教授)
「ドラッカースクールにおけるリーダーシップ教育/グローバルな社会課題と求められるリーダーシップ」


●山脇秀樹教授との対話
(ドラッカースクール学長を務めた唯一の日本人)

「外から見た日本の課題の本質とマネジメント」


●Celeste Palmer氏との対話
(ドラッカー教授の晩年の秘書役 +ドライバーだった、
ドラッカースクール元MBAプログラムディレクター)
「本に書かれていないピータードラッカー」


●Drucker School 最新講義聴講

●Drucker School 現役学生との対話:『ドラッカースクールの学びをどのように活かすか」

参加申込・問合せ先

■募集期間/申し込み方法

2019 年12月7日までにドラッカー学会理事(国際担当)八木澤智正 [tomomasa.yagisawa@alumni.cgu.edu] 宛に下記をメールにてご連絡ください。

件名:クレアモントへの旅 参加希望  

氏名:

EMAILアドレス:

米国での運転歴:有・無

所属:ドラッカー学会員・EMS フェロー・ドラッカースクール卒業生・他

 

■ 最小催行人数 5名 人数上限10名 

 

※先着順でお受けします。申し込み多数の場合は、当方で参加者の調整をさせていただきますので、ご了承ください。

参加確定の方には、予約すべきフライトや旅の詳細をご案内いたします。参加をお受けできなかった方にはその旨ご連絡いたします。

12月7日以降当方から連絡がなかった場合には、再度ご連絡ください。

 

■旅の準備の詳細は、参加確定の方に別途ご案内いたします。

※ご都合により、現地で合流・ご自身で帰途につくという形でも参加可能です。